読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成生まれが昭和・90年代を語る会「語るブログ」

平成生まれが昭和・90年代を語る会のメンバーがそれぞれに愛を語るブログです。

ニッチク君がゆく 第五回 球体の奏でる音楽

90年代 ニッチク君

こんばんは。ニッチク君です。

不定期連載「ニッチク君がゆく」第五回目は唐突ですが、小沢健二「球体の奏でる音楽」について少しだけ。

球体の奏でる音楽 小沢健二 1996

f:id:showaheisei1989:20170218232729j:plain

小沢健二についてはほとんど無知なのですが、このアルバムは90年代以降の日本の音楽シーンに疎い私もときどき聴きたくなる素敵なアルバムです。

渋谷毅の「一耳惚れ」のピアノに、川端民生のウッドベースと木村"キムチ"誠のパーカッションが軽やかなノリを作っています。小沢健二の独特な音程感のボーカルと字余りな歌詞が不思議なぐらい気持ちよく響いてきます。

東京スカパラダイスオーケストラのメンバーや岡沢章が参加したカリプソ~ラテン風味の「すぐに会えるかな?」や朝川朋之のハープが美しい「旅人たち」もいい曲ですね。

こじんまりとまとまったアルバムですが、ゆったりとした時間が流れる名作です。皆様もお手にとってみてくださいまし。

「球体の奏でる音楽」

ブルーの構図のブルース
大人になれば
Alé?
ホテルと嵐
すぐに会えるかな?
旅人たち
球体の奏でる音楽
みんなで練習を

ときどき、アルバム紹介も挟みつつ、だらだらと書き続けていこうかと。では、また逢う日まで。